ヘッダー
トップページ プロフィール ブログ アクセス リンク

広島県廿日市市のアロママッサージのお店 punica プニカ


アロマセラピー
笠原式フットケア
アロマセラピー
アロマトップ
メニュー
流れ
ボディメイキング
バナー
広島のアロママッサージのお店
punica(プニカ)
広島県廿日市市阿品3-3-10

 0829-36-2324
info@puni-ca.com

営業時間 10時~18時  
定休日   無休        
(お盆・年末年始除く)




アロマについて


フランスの科学者ルネ・モーリス・ガットフォセによって作られた造語で、
アロマは芳香、テラピーは療法を意味するフランス語です。
実際には植物から抽出したアロマオイル(精油)を用いて行う療法です。




アロマ画像



アロマセラピーのメカニズム

アロマオイルの芳香成分は鼻で感知され、嗅覚刺激として
脳の中の大脳辺縁系に到達します。ここで重要なのは、
嗅覚はもっとも原始的な感覚であると同時に、
もっとも本能的な感覚でもあるということです。

具体的には匂いによって動物は危険を回避したり、
食べれるものか毒物なのかを判断し、生殖などは
フェロモンという匂い物質が大きく関係しているということです。
この原始的で本能的な感覚を司る部位が、
脳の中でも本能的な部分の中枢である大脳辺縁系なのです。

そのため脳はアロマオイル(精油)の刺激を受け取ると
無意識のうちに本能行動(食欲、睡眠欲、生殖欲)や
喜怒哀楽などに影響を与えるのです。

またその刺激(情報)は大脳辺縁系と密接に関連する視床下部に
影響を与えます。視床下部は身体機能の基本的な
調整(恒常性)を行う中枢であるため、
アロマセラピーは本能的に身体諸器官の
調整を行うことができると考えられているのです。




花の画像




良く使われるアロマオイル


肩凝り

マジョラム・ジュニパー・レモングラス・ローズマリー



疲労感
ゼラニウム・サイプレス・レモ


冷え症
オレンジ・マジョラム・ローズマリー


むくみ
サイプレス・シダーウッド・ジュニパー・サンダルウッド・パチュリ


ストレスによる諸症状
イランイラン・カモミール・ネロリ・マンダリン・ラベンダー・ペパーミン














リンパマッサージ アロマセラピー 笠原式フットケア