ヘッダー
トップページ プロフィール ブログ アクセス リンク

アロマセラピー
笠原式フットケア
リンパマッサージ
リンパトップページ
リンパについて
メニュー
流れ
声


punica(プニカ)
広島県廿日市市阿品3-3-10

0829-36-2324 info@puni-ca.com

営業時間 10時〜18時  
定休日   無休        
(お盆・年末年始除く)








リンパマッサージの正式な名前はリンパドレナージュです。
※ドレナージュとはフランス語で排液・排出という意味

これはエミール・ヴォッダー博士によって開発された、
身体機能や美容効果を高める手技療法のことで、
ヨーロッパではおよそ100年近い歴史をもつものです。
日本では美容的な目的で用いられることが多いのですが
ヨーロッパでは理学療法の一部に取り入れられているそうです。







リンパマッサージ(リンパドレナージュ)は、リンパ管の流れの
方向に沿ってソフトに刺激することでリンパ液の循環を良くし、
結果として老廃物や有害物質の排泄を促進し新陳代謝を
活発にし、更に全身の機能のバランスが整い免疫力、
自然治癒力を高める療法なのです。

リンパ管は、動脈と比べるとポンプ(心臓)の役割をするもの
がないのでリンパ液は、血液と比べゆっくり流れています。
リンパ菅は8〜12時間かけて全身を巡り、血液は
約40秒で全身を巡ります。リンパ管にも血管同様、
弁は付いていますが、押し出す力も弱く
非常に細い管であるため、非常に滞りやすいです。

そのため、運動不足で筋肉への刺激が少なかったり
疲労や食生活の乱れやストレスで老廃物がたまり
それがむくみやセルライトなどの原因になることもあるのです。

また、リンパ管は押し出す力が弱いので重力の
影響を受けやすいです。そのため、心臓から遠く、
下に位置する部分(足先やふくらはぎ)にリンパ液が
たまりやすくなります。これがデスクワークばかりだと
足が浮腫む大きな原因の一つです。

 










リンパ管は皮膚組織多く分布しているため、それほど
強い刺激(押圧)をしなくてもリンパ循環を促進させる
ことは可能です。大切なのはリンパ管の流れに逆らわず、
走行に沿って丁寧にリンパ液を戻してゆくことです。

リンパ液の中には老廃物や余分な水分、タンパク質、有害物質、
なども含まれています。そのためリンパが滞ると、血液循環や
新陳代謝にも影響が出てきます。リンパの滞りによって
引き起こされる症状は多岐にわたります。

むくみ、冷え、血行不良、肌荒れ、くすみ、肩凝り
首こり、腰痛、だるさ、不眠、筋肉疲労、目の疲れ、
頭痛などとも関連している事があります。そのため
日頃から継続的にリンパマッサージを受けることで
これらの症状に対して一定の効果も期待できますし
症状を出にくくする予防的な効果も高いと思います。





【リンパマッサージを受けることをお勧めしない方】

・心臓疾患の方
・急性感染症の方(高熱)
・悪性腫瘍の方
・妊娠されている方
・腎臓疾患の方

 
・極端な低血圧な方
・皮膚の炎症のひどい方

・飲酒された方





リンパマッサージ アロマセラピー 笠原式フットケア